家族の幸せのために働くということ!

ゴールデンウィークも今日で終わり。

あなたの今年のゴールデンウィークに点数をけるとしたら、100点満点中何点・・・?

私は残問ながら0点。

ニュースでは連休がどうのこうの騒いでいるが、中小零細企業の経営者はあいわらず仕事。労働基準法はあるのに、経営者労働基準法はない。一度、労働基準監督署に相談に行こう(^o^)。

人様が休んでいる時に仕事をする。しかし、人様が仕事している時も仕事をする。本当は、家族をかまいたくても、そんな時間と精神的なゆとりがない。
確かに、子供が幼い頃は辛かった。毎日14時間労働なんて当たり前。二十歳代のサラリーマンだった頃、週休二日制ならどんなに人生楽しいかと思ったものだが、あれから30年経って休みが増えたサラリーマンがうらやましい限り。
20年前、ある経営コンサルタントが耳打ちしてくれた。
「中小企業経営者は大手経営者の2倍働く以外に生き残る道はない!」
それを信じて今まで25年やってきたが、年を重ねるごとに妻や家庭を顧みなかったことを後悔しなかったかと言えば嘘になる。

誰だって一度きりの人生、愉快に楽しく暮らしたい気持ちに変わりはないはずだ。

しかし、私にだって「夢」がある。

お客様に「感謝」されたいし、全国に私のようなものでも会いたいと言ってくれるクライアントがいる。
さらに、心の許せるビジネスパートナーも多い。

子供たちも就職する年になった。

今まで「釣った魚でなく、魚の釣り方を残したい!」と思って生きてきたが、どうやらその時期が来たようだ。
幼い頃からキャッシュフローゲームをしてきた子供たちが、どれだけ先進的に覚えているかは不安だが、自らの人生を切り開くために役に立てば良い。

「親の背中を見て子供は大きくなる!」というが、仕事ばかりの中小零細企業のオヤジの背中はどのようにどのように思っているのか、正直、心配ばかり。
こんな仕事漬けの人生よりも、いつもにこにこ暮らしていける人生が良いのは誰だって同じだろう。

しかし、神様は必ず長い人生において、試練を与えてくれる教師。
それ壁を越えて見せるのが親の役目だし、反面教師的なのかもしれない。
決してへこたれない姿や一生懸命生きているオヤジの背中を見せられればそれはそれで十分なのかもしれない。
どうせいつかは私も死んでしまうのだから・・・。

子供たちに負担をかけない人生をどのように生きていくか・・・?
残された時間をいかに生きていくか・・・?
この間、「50歳を過ぎればシニア」とのテレビ番組を見て、50歳というのは自らの人生を振り返る上で一番大切な境界かもしれない。
体のガタも顕著になり、今までの人生を顧みながら残りの人生をどう過ごすべきかを考える。
悠々自適に都会で暮らすのもよし、アルプスの少女のおじいさんのように暮らすのもよし。
ほ乳類最大の動物である象は、死期が近づけば家族に迷惑をかけないように群れから離れ、一人で深い森の中で死ぬという。
まさに西田敏行主演の「星守る犬」を思い出す。

この間読んだ百田尚樹著「風の中のマリア」。
生物学的なオスの役割について俄然としたことを思い出す。
所詮オスは、子孫に残像を残して早く死ぬ物なのかもしれない。
人間も同じような気がする。
オスが威張っているのは人間の世界だけ・・・。
オスがちやほやされたのもバブル崩壊まで・・・。
そのことも、私の子供たちには伝えたい。

「人間50年、下天のうちをくらぶれば夢幻の如くなり、ひとたび生を得て滅せぬもののあるべきか」
これからの人生、評論家にならず、決して人をうらやまず、自分の人生を生きていければ良いと思う。

50男の戯言ですが、是非、私より若い人たちに読んで欲しい。

人生で一番大きな買い物である不動産購入について、心配な方は、是非。

他の不動産業者や工務店がする自らの利益誘導なしに、あなたののトータル的な人生そのものについて、嘘偽り無しに正味を一人でも多くの人に伝授したい。

あなたとお会いできるのを楽しみに・・・。

お気軽に。

 

~あなたの昼が“陽の光“に満ち、あなたの夜が“愛に満ちたもの”でありますように~

 

 

daihyo

投稿者プロフィール

地場の自動車ディーラーの株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏のライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産証券化ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。昭和37年徳島県徳島市生まれ。血液型O型。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 私たちにちょうどいい家プロジェクト

RSS KINOUCHI TOSHINORI TV

  • 抜け出せなくなる前に・・・! 2016年1月10日
    相田みつを先生の語録に、「トマトはトマト、トマトをメロンに見せようとするからダメ」というのがある。人生を生きて […]
  • 詐欺師を見極める方法! 2016年1月8日
      あなたは、”詐欺師”って、何で人を騙すか知ってますか・・・? まず、相手をしっかりと理解すると、おのずとい […]
  • 「根抵当権」とは? 2016年1月8日
      「銀行取引」において、「銀行」と「企業」の間で「融資」と「弁済」が繰り返し行われているのが普通です。この「 […]
  • 2015年はお世話になりました! 2015年12月29日
    平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼を申し上げます。 年末年始の営業日を下記のとおりご案内申し上げます。 年末 […]
  • GIVE(与える)&TAKE(与えられる) 2015年11月24日
    人間関係の基本は"GIVE(与える)&TAKE(与えられる)"・・・。 いわゆる日本人が大好きな「一宿一飯の恩 […]

RSS ZERO-CUBE工事ブログ

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。