中古のヨット(25万円)・・・!

00690001

00690001

知合いの不動産業者が、突然来るなり「ヨットが25万円で買える!!」というので写真を見せてもらう。

値段も値段だし、バリバリに調子が良いしお買い得だというので、さっそく経費を調べてみることに・・・。

●免許

日本人がヨットを買って日本の海を航海する場合「小型船舶免許」が必要。費用は10万円で全員合格できるらしい。しかし、5年ごとに更新料としてて1万円が必要だ。

 

●検査費用

次に検査費用だが、「航行区域」によって費用が違うようだ(ややこしい)。

航行区域 定員 備品 検査料 備 考
限定沿海プラス沿岸5マイル 8人 50,000円 25,000円 桜マーク付ライフジャケットが8個の他ゴチャゴチャ
全沿海 8人 130,000万円 100,000万円 +イカダと消火器、沿海セット
近海以上 8人 600,000万円 300,000円

(6年毎)

+ライフラフト、イーパブ、近海セット、無線

 

「限定沿海プラス沿岸5マイル」で航行できる範囲は、陸地から常に5マイル(9キロ)以内。9キロ以内を進めば、日本列島を一周することは可能だということでしょう。次の「全沿海」になると、陸地から20マイルまで沖に出ることが出来ます。そして、「近海以上」になって初めて、わく報道されている海外クルーズや世界一周ができるようです。

 

それにメンテナンス費用がかかります。さっそくマリーナに聞いてみました。

費 目 費 用
上架(陸揚げ)※30フィート 30,000円
防蝕亜鉛 20,000円

(材料費)

労務費

結局、大きさにもよりますが、係留費なんかも含めると、なんだかんだで月額1万円~3万円は必要なようです。

では、また。

 

 

 

 

daihyo

投稿者プロフィール

地場の自動車ディーラーの株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏のライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産証券化ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。昭和37年徳島県徳島市生まれ。血液型O型。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 私たちにちょうどいい家プロジェクト

RSS ZERO-CUBE工事ブログ

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。