「実践!金持ち大家塾」特別編

IMG_1463.JPG写真は「実践!金持ち大家塾」特別編が行われた「愛媛総合科学博物館」の生涯学習センター。四国縦断自動車道の横にあるその立派な建物は、さまざまな囲障的なデザインが駆使されている。

 

愛媛の大家さんは本当に熱心だ!会場に集まった50人もの受講生に少しタジタジ感もあるが、受講生の方の問題意識の大きさに改めて大きな刺激を受けた!私のセミナー方針は、「利益誘導しない!」のと「出し惜しみをしない!」の二つだが、半数以上の方が大きく頷きながら学んでくれている!

 

地方ではうまく成功した人がいると、「上手くやったな!」というのが常である。特に大阪商人の影響が強い徳島では、「成功した」のはタマタマであり、なんらかのずるい方法を用いて成功したかのような評価する傾向がある。しかし、これからはそうでない。こけからは「情報社会」であり「知識が価値を持つ時代」である。「知っている人はドンドン得をし、知らない人はドンドン毟られ続けて沈んでいく時代」である。これが「情報格差(デジタルデバイド)」の真実である。お金の事を心配せずとも何とかなった時代」から、「自分と家族の人生を守る為に学び続けなければならない時代」が今後50年は続くだろう。

 

そんな時代背景下では、とにかく競争が激しい。一時上手くいった方法であっても学び続けていない限り(バージョンアップを繰り返さない限り)、その方法もスグに陳腐化してしまう厳しい時代。学ばれている大家さんはその事をよく知っている。その一方で、学ばない大家さんがほとんどなのも事実である。

 

さらに問題なのは、そのような学ばない大家さんをカモにする業界の悪しき慣習。将来的に大家さんが苦境に陥ろうが倒産しようが関係ない家賃保証会社や建て続けなければ自らが首をくくらなければならない建築会社などの数の多さ。大家さんは自己防衛の手段として学び続けていく姿勢で勝ち負けが決まると言っても決して過言ではない。

daihyo

投稿者プロフィール

地場の自動車ディーラーの株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏のライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産証券化ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。昭和37年徳島県徳島市生まれ。血液型O型。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 私たちにちょうどいい家プロジェクト

RSS ZERO-CUBE工事ブログ

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。