これからの中小零細企業のビジネスを考える!

「大企業の景気はほとんど回復した!」と、日本経済新聞の「上場企業の決算の発表記事の解説」に書かれていた!しかし、上場企業の景気は回復したが、私の周りにある地方の中小零細企業の景気は一向に回復する気配すら感じない。それどころか街と街は途切れ、かつての繁華街ではフランチャイズのファーストフード店も撤退が続いている!バブル期にあれだけ人手賑わっていた「歓楽街」は完全に「陥落街」に成り果ててしまっている。また、今まで満室であった賃貸住宅の空室率は20%を超え、また、不動産競売では築10年程度の物件が激増している。

地方にある中小零細企業がこれから生き残っていく為には、どのような事に気をつければよいのだろうか?そのためのキーワードは、国内に目を向けると、「少子高齢化」、「製造業の空洞化」、「天候災害」、「負債」であろう。一方、海外では「中国の貿易の黒字増大」、「BRICsの台頭」、「ユーロ高」である。そして、共に共通するキーワードは、「品質」、「IT化」、「地球温暖化対策」、「グローバル化」。

 大企業はともかくとして、これからの中小零細企業の将来の予想とは?

「少子高齢化」⇒「国内消費の減速」⇒「市場の縮小」⇒「廃業・M&Aの拡大」

「製造業の空白」⇒「海外製品の流入」⇒「大手企業の国内工場の縮小・閉鎖」⇒「中小企業への発注の激減と低価格化」⇒「中小零細製造業の淘汰の加速」

「ユーロー高」⇒「大企業の利益の激減(1/3程度?)⇒「円高を恐れ更なるコスト削減」⇒「国内中小零細企業の利益縮小」⇒「資源戦争の激化」⇒「原材料の高騰」⇒「さらなる中小企業の利益縮小」

「負債企業」⇒「利益の負債への充当」⇒「経営の圧迫」⇒「戦略立案不可」⇒「残る方法は○○」

 高度成長時代の成功の方法に固執すれば固執するほど、底のない泥濘にはまって沈んでいくしかない!

 となると、中小零細企業が生きていくためには?
時流に乗った新しいビジネスモデルを考える!

最先端の新しい技術を発明しオンリーワン!(国内か海外に打って出る)

M&Aの有効活用(売り買いの両方)

小が大を飲み込むやブランド力の構築

海外ネットワークの構築(売り買いの両方)

世界標準規格の取得による企業の差別化

 すなわち、どれもこれもオンリーワン差別化戦略である!まさにこれからの企業経営は「退くも地獄!進むも地獄!」である。

daihyo

投稿者プロフィール

地場の自動車ディーラーの株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏のライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産証券化ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。昭和37年徳島県徳島市生まれ。血液型O型。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 私たちにちょうどいい家プロジェクト

RSS KINOUCHI TOSHINORI TV

  • 抜け出せなくなる前に・・・! 2016年1月10日
    相田みつを先生の語録に、「トマトはトマト、トマトをメロンに見せようとするからダメ」というのがある。人生を生きて […]
  • 詐欺師を見極める方法! 2016年1月8日
      あなたは、”詐欺師”って、何で人を騙すか知ってますか・・・? まず、相手をしっかりと理解すると、おのずとい […]
  • 「根抵当権」とは? 2016年1月8日
      「銀行取引」において、「銀行」と「企業」の間で「融資」と「弁済」が繰り返し行われているのが普通です。この「 […]
  • 2015年はお世話になりました! 2015年12月29日
    平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼を申し上げます。 年末年始の営業日を下記のとおりご案内申し上げます。 年末 […]
  • GIVE(与える)&TAKE(与えられる) 2015年11月24日
    人間関係の基本は"GIVE(与える)&TAKE(与えられる)"・・・。 いわゆる日本人が大好きな「一宿一飯の恩 […]

RSS ZERO-CUBE工事ブログ

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。