「至宝の風(お札柄扇子) 」が届く!

IMG_1947.JPG この間の大家さんの集まりで、九州大家会を代表する大家さんと飲んだ!その時に、その御仁がいきなり懐から怪しげな扇子を出し、田中角栄のように左手で扇子で顔を仰ぎだした。なんと、よく見るとその扇子の柄は「福沢諭吉の1万円のお札」である!早速、手に持って見させてもらうと、なかなか良く出来ている。「いいなぁ~!」と褒めるとその御仁は、「キャパクラにこれを持っていくと、おねぇちゃんに引っ張りだこになりますよ!」と自慢げ。あいにく、私はキャパクラなど行かない。しかし、パーティの時などの話題づくりには良い。

そのように思っていたのを察知したのか、その御仁から今日、「至宝の風(お札柄扇子)」が届く。早速、「お金を払う!」と電話するも、「プレゼントします!」との事で非常に恐縮する。大きな借りが出来てしまった。早速、その扇子を拡げて顔を仰いで見る!なかなか気分が良い!まさしく成り金になったような不思議な気分になる!

それにしてもよく出来ている!裏は裏でお札の裏側が印刷されている!

(写真をクリックするとより大きな画像でご覧になれます)

daihyo

投稿者プロフィール

地場の自動車ディーラーの株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏のライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産証券化ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。昭和37年徳島県徳島市生まれ。血液型O型。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 宮城 裕
    • 2010年 7月 06日

    ついに・・・届きましたか???
    木内さんかなり子どものように欲しそうにしてましたよね!(笑)
    この扇で何んらかの効果が出たら是非公開して下さいね。
    今年、大家さんの間ではやるかも・・・
    大家塾で講演しながら扇いでみたら???

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 私たちにちょうどいい家プロジェクト

RSS ZERO-CUBE工事ブログ

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。