最高の投資は自己投資

今日、次男が中国北京から帰ってきた。

先月の夏休みの半月間の豪州語学ステイに続いての海外渡航だ。

帰ってきて開口一番、「空気が汚かった」、「ご飯がまずかった」、「中国人は順番を守らない」、「自動車の交通マナーが悪い」とサンザン。

その点、日本は従順に教育された国民が多く、税金を払っても払わなくても、アスファルトで舗装された道路は通行できるし、ある程度の安全と治安は確保されている。しかも、税金を払っていなくても人権は守られている。

一生懸命働いて月額15万円にしかならない人たちが多い一方で、生活保護受給者が月額15万円では誰だって馬鹿らしくなる。多くの子供を抱え、その将来のために自らは質素倹約に努めている夫婦と、子供を作らず人生を謳歌している夫婦の年金額が変わらないのであれば、少子高齢化は改善するはずもない。

やはり、これからの日本では自分の人生は自分で守らない限り、国も地方自治体も企業もいつ手のひらを返すかわからない。

最高の投資は自己投資。そんな時代がいよいよ訪れようとしている。

daihyo

投稿者プロフィール

地場の自動車ディーラーの株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏のライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産証券化ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。昭和37年徳島県徳島市生まれ。血液型O型。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 私たちにちょうどいい家プロジェクト

RSS ZERO-CUBE工事ブログ

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。