大相撲の八百長疑惑に思うこと

ここ数日、テレビも新聞も、大相撲の八百長疑惑で一色です。

これだけ大相撲の八百長が騒がれるのは、公益法人としての国の許認可を受けているからでしよう。

子供の頃、毎週放映されていたプロレス。子供の私は1週間に1回しか実際の試合は行われていないと思っていました。しかし、ほとんど毎日試合が行われていると聞いて、「真剣勝負では体がもたないからタブン八百長?」と興醒めしたのを覚えています。しかし、今ではショービジネスのひとつとして、たまにテレビ観戦しています。

また、昔、プロ野球でも八百長疑惑があり、当時のプロ野球選手は永久追放されたような記憶があります。しかし、現在のプロ野球ではそのようなことがあるとは全く思いません。高校野球の負けた球児たちの号泣も深層意識に書き込まれているのも、その原因でしょう。

国技が、大相撲という1対1の格闘技であることも問題なのでしょう。野球やサッカーのような球技であれば八百長などできないような気もしますし、また、チームプレーですので「八百長をしよう」という意識の統一もできないような気もします。

一方、競馬や競輪、競艇などの公営ギャンブルの世界では、レースの前々日ぐらいから一切、外部との接触は絶たれた宿舎で寝泊りすると言います。多額のお金が懸けられるだけに、徹底したリスク管理に感心します。

確かに、フェアプレーが当たり前だと思っていた大相撲の本場所で、八百長があったという事実は悲しいことです。昔の千代の富士や若貴時代の名勝負まで、「ひょっとしたら・・・!」と感じてしまいますし、それを知らずに観戦していた自分自身がだまされたという惨めな気分になります。

しかし、おもしろおかしく報道することが仕事のマスコミも、少し騒ぎすぎのような感じがします。公益法人だから追求する価値があると思っているのでしょうが、いくら仕事だといえ、少し逸脱しすぎているように感じるのは私だけでしょうか・・・?

また、全く興味を持って見ていない人たちが、その報道に踊らされ、みんな右へ倣えで「国技をなめるな」とか「相撲界に失望した」とか大騒ぎしているのも奇妙です。

テレビの街頭インタビューで相撲協会がけしからんと言っている人の何割がマジで相撲を見ているのでしょう?そのインタビューに応える人たち多くは、真剣に見ているようには思えません。やはり、日本は平和だなぁ~と感じます。

いっそのこと公益法人を返納し、普通の社団法人か株式会社にしてしまって、八百長かもと思わせるプロレスのようなショービジネスにすればよいのではと思ってしまいます(しかし、手に汗を握るようなことはないでしょうが・・・!)。

それにしても心配なのは、携帯電話のメールに残された八百長の決定的な証拠です。メールの削除だけではスグに復旧されてしまうのを知っている力士が、妻に踏まれて壊れたとか機種変更したといって追求をかわそうとしている報道を聞くと、あの大きな体に対して小さな携帯電話を持って悩んでいる姿を想像すると滑稽な気がします。

ただ、刑事事件にでもなれば警察の捜査権は通信事業者の個人情報にまで及び、サーバーの奥底から真実は公開されるのではないかと思います。

ただ、これ以上、多くの範囲(特に上位力士)にまで八百長が広がっていると、さすがの私も相撲は見なくなるでしょう・・・!

daihyo

投稿者プロフィール

地場の自動車ディーラーの株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏のライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産証券化ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。昭和37年徳島県徳島市生まれ。血液型O型。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 私たちにちょうどいい家プロジェクト

RSS KINOUCHI TOSHINORI TV

  • 抜け出せなくなる前に・・・! 2016年1月10日
    相田みつを先生の語録に、「トマトはトマト、トマトをメロンに見せようとするからダメ」というのがある。人生を生きて […]
  • 詐欺師を見極める方法! 2016年1月8日
      あなたは、”詐欺師”って、何で人を騙すか知ってますか・・・? まず、相手をしっかりと理解すると、おのずとい […]
  • 「根抵当権」とは? 2016年1月8日
      「銀行取引」において、「銀行」と「企業」の間で「融資」と「弁済」が繰り返し行われているのが普通です。この「 […]
  • 2015年はお世話になりました! 2015年12月29日
    平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼を申し上げます。 年末年始の営業日を下記のとおりご案内申し上げます。 年末 […]
  • GIVE(与える)&TAKE(与えられる) 2015年11月24日
    人間関係の基本は"GIVE(与える)&TAKE(与えられる)"・・・。 いわゆる日本人が大好きな「一宿一飯の恩 […]

RSS ZERO-CUBE工事ブログ

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。