臆病な私がおススメする一冊

「中村さん、こんな本出して大丈夫・・・?」

数年前の賃貸住宅フェアin東京で話しかけました。

その理由とは・・・?

東京へ向かう新幹線の中で読んだ中村さんの本は、正直言って建設業の内幕の暴露だったからです。中村一晴さんの本を、私は大好きです。同じような考えですので、全ての本を読んでいます。

不動産業の内情の暴露や建設業の内情の暴露。

業者であれば生きていくために常識的なノウハウを、決して出し惜しみせずに公開する姿勢はスゴイことです。

アレだけ書けば業界からの反発もあるでしょう。中にはそれが理由で憂き目に会う業者もいるはずです。 夜道を歩けないばかりか、脅迫電話は鳴り響き、一時期体調を崩されたように聞いていました。

そんな中村一晴さんが、新刊を出しました。

私の「オンリーワン物件の作り方」でも書いた中抜き作戦のリニューアル投資術です。 不動産は継続的収入が魅力です。

「お金を支払わないにもかかわらず経費にできる減価償却費」と「お金を支払うにもかかわらず経費に出来ない借入金の元本返済」。 いわゆるデットクロス。

さらに、もっと言うなら、サラリーマンではほとんど税引き後の支払いが、確定申告をすることで税引き前で経費処理。

しかし、その一方で、不動産は安く仕入れればどうにかなりますが、高く買ってしまった場合はどうにもなりません。

今までの不動産投資本は、購入しただけで成功するように書かれていました。

でも、真実は違います。

不動産投資はババ抜きゲームです。

ゴールデンウィーク目前。 臆病者の投資家の私としては、おすすめしたい一冊です。

アパート投資で成功したいなら誰も買わない空室ボロ物件を狙いなさい~競争せずに利回り20%を実現する「リニューアル投資法」~ [単行本(ソフトカバー)]

 

daihyo

投稿者プロフィール

地場の自動車ディーラーの株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏のライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産証券化ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。昭和37年徳島県徳島市生まれ。血液型O型。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. 木内先生。
    昨日は大変お世話になりました。とてもいいセミナーで特にガチンコトークバトルは楽しみました。
    夜の懇親会もとてもいい会を開催していただけたことに感謝いたします。
    また、機会があればぜひご一緒させてください。
    今後とも、よろしくいお願いいたします。
    木内先生に感謝、感謝!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 私たちにちょうどいい家プロジェクト

RSS ZERO-CUBE工事ブログ

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。