住宅ローン救済コンサルの現場から・・

「お金の悩み」というものは誰に取っても切実です。

今、私の元には多くの住宅ローンに関する悩みが寄せられています。

相談がある度に、今までの経緯や現在の状況など、時間をかけて話をお聞きするようにしています。

相談者のほとんどは切羽詰ってからのものが多く、特に、奥さんだけで相談にこられる場合は、

「生活の基盤であるマイホームを手放さなければならない!」

という危機感からより切実です。

おそらく、母性に強烈なインパクトを与えるからでしょう。

相談にこられる方は、旦那さんよりも奥さんの場合が多く、

「何とかしなくては!」と強烈に感情的なのが特徴です。

私が相談のときに気をつけていることは、「これからどうしたいのか?」というご家族のご要望です。なにがなんでも、ご家族のご要望を最優先したいと思っています。

法律や手続きよりも、ご夫婦がどうしたいのかが最重要です。

そのように考えてお話をお聞きしていると、旦那さんと奥さんの質問内容が違うことに次第に気がついてきました。

旦那さんは、

「借金を減らしたいけどどうすればよいのか・・?」

「借金が減るのであれば引っ越しても良い・・!」

奥さんは、

「自宅を手放さなくても良い方法はなにかありませんか・・?」

「せっかく手に入れたマイホームを手放すということは考えられません!」

どうも女性の場合は、借金よりもマイホーム自体に固執する傾向が強いようです。

子供の学校のことや近所づきあいのこと、母親仲間の顔が頭をよぎるのでしょう。

家を引っ越さなければならないことで、

子供が学校でいじめられたら・・・?

母親仲間にはどのように説明したらよいのだろう・・・?

近所の人になんて説明したらよいのだろう・・・?

今更、「引っ越しました!」というはがきも送れないし・・・?

奥さんの場合、ほとんどがそこまで気にし始めます。

一方、旦那さんの方は比較的ケロっとして、

「なにもそこまで心配しなくても・・・?」という場合がほとんど。

そして、そんな事を口にしようものなら、奥さんのカミナリが落とされます。

「どうして、あなたは真剣に考えてくれないの。

元はと言えばあなたの稼ぎが少ないからじゃない!」

旦那さんは、

経済的なことでこのような事態になってしまったため、黙り込んでしまうが、もしくは怒り出すか、いずれにしても最後は夫婦喧嘩になり、私はたびたび仲裁役になることもあります。

「いずれにしても現実をしっかりと受け止めて、ご家族にとってのベストな対応策を練る以外に方法はありません!」

そう説明してその場をなだめるのですが、必ずこのような修羅場は一度は起こります。

これから先、どうなってしまうのかという恐怖心があるから当然でしょう。

そして、私はお二人が冷静になるまで、ただひたすら待つだけです。

ただし、最終的には「金の切れ目が縁の切れ目」となり、離婚してしまう場合がほとんど。

ただ、奥さんが連帯保証人になっていた場合、いくら離婚、別居していると言っても、銀行は決して住宅ローンから逃げさしてくれません。

結婚式のウェディングケーキ入刃が初めての「夫婦での共同作業」なら、住宅ローン破たんの解決が最後の「夫婦での共同作業」になるというのも皮肉な話です。

このような住宅ローン破たん者の相談、今後ますます増え続けることでしょう。

 

daihyo

投稿者プロフィール

地場の自動車ディーラーの株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏のライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産証券化ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。昭和37年徳島県徳島市生まれ。血液型O型。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 私たちにちょうどいい家プロジェクト

RSS KINOUCHI TOSHINORI TV

  • 抜け出せなくなる前に・・・! 2016年1月10日
    相田みつを先生の語録に、「トマトはトマト、トマトをメロンに見せようとするからダメ」というのがある。人生を生きて […]
  • 詐欺師を見極める方法! 2016年1月8日
      あなたは、”詐欺師”って、何で人を騙すか知ってますか・・・? まず、相手をしっかりと理解すると、おのずとい […]
  • 「根抵当権」とは? 2016年1月8日
      「銀行取引」において、「銀行」と「企業」の間で「融資」と「弁済」が繰り返し行われているのが普通です。この「 […]
  • 2015年はお世話になりました! 2015年12月29日
    平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼を申し上げます。 年末年始の営業日を下記のとおりご案内申し上げます。 年末 […]
  • GIVE(与える)&TAKE(与えられる) 2015年11月24日
    人間関係の基本は"GIVE(与える)&TAKE(与えられる)"・・・。 いわゆる日本人が大好きな「一宿一飯の恩 […]

RSS ZERO-CUBE工事ブログ

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。