使命感を持って仕事をするということ!

現在、不況を極める地方では、「レッドオーシャン(血の海)」とも言うべき競争が、あらゆる分野で繰り広げられている。全国平均以上に進む少子高齢化の影響で、少なくなった市場(量)を減らないプレーヤー(ライバル)の面々が、安かろう、悪かろうという価格競争だけで奪い合っている。
そんな折、以前、あるセミナーで聴いた話を思い出した。
昔、あるレンガ積みの小学校を建設しているレンガ職人に向かって、ある人が聞いた。
★「あなたはどうしてこの仕事をしているのですか・・・?」と・・・。
職人A「食べるために仕方なくやっているんですよ!」
職人B「建物を造るのが好きなだけです!」
職人C「子供たちの将来のため、学習する場を造っているからやりがいを感じます・・・!」
仕事を継続するには使命感が重要。使命感とはミッション。私たちも職人Cの領域まで到達したい。
確かに、きれいごとだけで世の中は治まらないものである。お金や名誉のためだけにがんばる人もいれば、世のため人のため、もっというなら将来の夢の実現のために働く人もいる。また、自分とその家族のためだけに働くという人もいれば、日本国のため、地域社会の発展のために働いていると胸を張っている人たちもいる。
人は誰でも、自らの意思で生まれてきたのでなく、一部、自ら命を絶つ人を除き、自らの意思で死ぬのではない。「いずれ死ぬ事を背負って生きている!」。だから、この世に生まれてきた以上、大なり小なり、なんらかの使命があるはずだ。
いずれにしても大切なのは、その使命はなんなのかを考え、夢を持ち続けて前進するしかないような気がする。

daihyo

投稿者プロフィール

地場の自動車ディーラーの株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏のライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産証券化ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。昭和37年徳島県徳島市生まれ。血液型O型。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 私たちにちょうどいい家プロジェクト

RSS ZERO-CUBE工事ブログ

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。