「頭が固い人」にならないように・・・!

「あの人はどうも”頭が固い”!」とよく言います。

「頭が固い人」には次の二つの種類があるように思います。

① 学校で習ったことが考え方の基本になっている人
② 世間での経験が考え方の基本になっている人

①の「学校で習ったこと」とは、数学以外のほとんどが「常識的な一般教養」です。カンタンに言うと、「現在のところ最も妥当な考え方」だといえるでしょう。すなわち、ほとんどが仮説を習っているに過ぎません。

一方、「世間での経験」を持っている人はたくさんいます。
「このような場合はこうだ!」という経験則に従って物事を判断する方法です。
ですから、その判断のほとんどは、特定の業界や人の集まりの中でのことになります。すなわち、一種の「ムラ」という集まりの中でのみ通用します。

以前、ある地方銀行の支店長が私に話してくれた言葉が印象的でした。
「あの社長、業界では良い評判らしいけど、経営のことはチンプンカンプン。よくあれで30年も経営してこれたものだ!」

確かに、その経営者は業界では実直であり、悪い噂もありませんでした。しかし、あまりにも「ムラの常識と経験」のせいなのか、時代の変革に取り残されているようでした。
すなわち、「頭が固い人」の②だったわけです。

一方、「頭が固い人」の①タイプの人も大勢います。
そのような人たちは、自らの保身が最重要課題な人が多く、「責任逃れ」が最も得意ワザです。

では、私たちは、このような両極端な頭の固さを克服するためには、どのようにすればよいのでしょうか?
実は、それを克服するもっとも手っ取り早い方法は、さまざまなジャンルの本を読むことです。
その理由は、本を読むということは、著者の意見や考え方を学ぶことであり、人の顔が違うように著者によって考え方も意見も違うからです。
これを継続して繰り返していれば考え方も広がりますし、さまざまな意見や考え方に触れることで、自分自身が成長していくことになるでしょう。
くれぐれも「頭の固い人」にならないように・・・!

daihyo

投稿者プロフィール

地場の自動車ディーラーの株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏のライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産証券化ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。昭和37年徳島県徳島市生まれ。血液型O型。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 私たちにちょうどいい家プロジェクト

RSS ZERO-CUBE工事ブログ

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。